香川大学博物館では、平成26年度特別展として「教授を魅了した大地の結晶(はな) ―北川隆司 鉱物コレクション―」を下記のとおり開催します。

故 北川隆司広島大学教授(1949-2009)は、鉱物学の基礎から地震・災害・環境問題まで広く研究したほか、熱心な鉱物収集家でもありました。その生涯にわたって世界各地におもむいて収集した鉱物コレクション約2,000点の中から、色・輝き・結晶の形などが美しく自然の造形を感じることができる標本約200点を展示します。

理屈もいらない見て楽しい標本の数々を、ぜひご覧ください。

香川大学博物館 平成26年度特別展

「教授を魅了した大地の結晶(はな) ―北川隆司 鉱物コレクション―」

会期:10月1日(水)~11月3日(月)

休館:日曜日、月曜日、祝日

※10月12日(日)、11月2日(日)、11月3日(月)は特別開館

開館時間:午前10時~午後4時

会場:香川大学博物館(高松市幸町1-1 幸町北1号館1階)

入場料:無料

主催:香川大学博物館

共催:日本鉱物科学会、日本粘土学会、日本結晶学会

協力:国立科学博物館

【ミュージアム・トーク】(第35回ミュージアム・レクチャー)

10月4日(土)、10月18日(土) 各日11:00~11:30

本学の谷山穣名誉教授(鉱物学)が展示解説します。

 

pdfアイコン特別展チラシ(PDF:1365KB)

問い合わせ先:香川大学博物館

TEL:087-832-1300

E-mail:museum@ao.kagawa-u.ac.jp (@を半角にしてください)

※駐車場がありませんので、公共交通機関もしくは周辺のコインパーキングなどをご利用ください。

このページの先頭へ