1月24日(金)に幸町キャンパス研究交流棟5階研究者交流スペースで、内閣府青年国際交流事業グローバルリーダー育成事業ディスカッション交流会が開催されました。この事業は日本の青年と世界8カ国の青年が日本国内での船上・陸上研修を行い、ディスカッションやセミナー等で交流を行うものです。

本学でのディスカッション交流会には、バーレーンとフィジーの2カ国からそれぞれ9人ずつ計18名が参加しました。本学並びに香川県、高松市からは計20名が参加しました。参加者は5つのテーマに分かれ、それぞれの文化や習慣、考え方等について活発に議論を行いました。

この交流会を機に、国際的視野を広め、国際交流や国際協調への意識が益々深まることが期待されます。

このページの先頭へ