7月26日(金)、香川大学帰国留学生ネットワーク中国支部第3回総会を福建省アモイ市内のホテルで開催しました。

総会には本学からは長尾学長、ロンインターナショナル副オフィス長、早川農学部長に加えて、帰国留学生の元指導教員らが出席し、中国からは30名の元留学生とその家族が参加しました。

帰国留学生ネットワーク中国支部は香川大学を卒業、修了した帰国留学生相互の親睦・情報交換を図るとともに、本学の国際交流の推進に寄与することを目的として、2009年6月に中国北京で設立しました。

総会では、現役員等が第2期の総括を行った後、新たに第3期役員の選出が行われました。また、学長と教員から近況報告が述べられた後、元留学生からは在学中に受けた指導への感謝や近況報告、卒業後の研究成果、今後の香川大学への期待などが寄せられ、本学教職員と交流を深めることができました。

今後、元留学生との連携協力と、本学の国際交流の推進が期待されます。

このページの先頭へ