6月13日(木)、東かがわ市大内公民館にて、香川大学サテライトセミナー「鉛筆で描くデッサン入門」を開催しました。この教室は、デッサンについて全くの初心者や少しの経験がある方を対象にしたものです。昨年度の三豊サテライトでの開催に続き、東かがわでは初の開催です。
11名の受講生は、講師の教育学部美術教育講座の古草敦史教授より、鉛筆の基本的な使い方等について詳細な説明を受けた後、早速各自デッサンを開始しました。
受講生は多くの方が初心者であり、正立方体の石膏モチーフの題材を目の前にして戸惑いながらも、真剣なまなざしでキャンバスに向き合われていました。
古草教授による個々のデッサン指導により、終始和やかな雰囲気の中、受講者は鉛筆デッサンの基本となる濃淡の付け方などを学びました。
当セミナーは全6回を予定しており、今後は、果物などの静物をモチーフにして授業を進めていく予定です。

このページの先頭へ