平成25年5月27日(月)、協定校であるアメリカ・コロラド州立大学の学生7名及び教員1名が、本学の板野インターナショナルオフィス長を表敬訪問しました。

彼らは、大学で日本語を副専攻として履修している学生で、平成25年5月27日から6月28日までの5週間、本学教育学部の「アジア・アメリカ異文化交流短期受入プログラム」に参加し、日本語学習、教育学部国際交流関連科目の授業参加、附属小学校見学、茶道や華道などの日本文化体験、県内文化施設見学等を行い、単位を取得します。

表敬訪問には、板野インターナショナルオフィス長、ロン留学生センター長、教育学部高木教授、塩井留学生センター講師他が出席しました。板野インターナショナルオフィス長は、歓迎の挨拶とともに、「日本・香川のいいところをたくさん知って」、「きっと日本語が上手になる」と学生を激励、高木教授からプログラムの説明の後、日本語で互いの自己紹介を行いました。

このページの先頭へ