平成25年4月30日(火)、香川県三豊市詫間町の粟島で、島の文化を学ぶために、留学生10名を含む学生13名が、島四国88カ所巡りに参加し、巡礼者に、ところてんやうどんなどのお接待をしました。

この活動は、瀬戸内国際芸術祭香川大学プロジェクトであるインターナショナルオフィス主催「本島・粟島国際交流プロジェクト」の一環で実施したものです。

学生たちは、島の方々に教えてもらいながら、ところてんやうどんを皿にわけて配り、笑顔で「お気をつけて」と巡礼者を見送っていました。

今後も粟島で、秋祭りなどの伝統行事に参加させていただく予定です。

(当プロジェクトの活動は、Facebookで見ることができます)

このページの先頭へ