1月11日(金)、本学経済学部にショートステイする外国人学生12名が、学長を表敬訪問しました。表敬訪問では本学からは学長、板野理事、経済学部水野教授他が出席しました。懇談では1月10日に行われたうどん作り学校等今回の滞在についての感想や、学長のアメリカでの滞在経験が話題に上がり、水野教授から今回のプログラムの趣旨説明が行われました。
12名は、本学の協定校であるカリフォルニア州立大学フラトン校に在籍している学生たちで、1月9日から1月18日まで本学経済学部において、「交流協定校との複線型海外研修プログラム」に参加します。本プログラムでは、オリエンテーションを受けた後、初級日本語を学びながら奈良や京都において日本の歴史・文化を学習し、企業訪問や県知事への表敬訪問を行う予定です。
なお、本プログラムは、平成24年度日本学生支援機構留学生交流支援制度ショートステイプログラム奨学金に採択となり、同機構からの支援を受けて実施。今年度、本プログラムを含め7件採択されています。

このページの先頭へ