10月4日(木)、三豊市、東かがわ市に続き、県内3カ所目となる坂出市サテライトオフィスのオープニングセレモニーが坂出市民ふれあい会館(坂出市本町1-2-1)にて行われ、市民・関係者含め約140人の参加がありました。

最初に、綾坂出市長から、「このオフィスを新しい町づくりに生かしていきたい。」とサテライト開設の歓迎の挨拶があった後、長尾学長から、スライドを利用して香川大学の紹介があり、「大学情報を発信するとともに、活動を通じて地域に貢献していきたい。今後の講座内容等については、市民の方のご意見を参考にしながら、より良いものにしていきたい。」 と抱負を述べました。

その後、教育学部・青山夕夏教授らによる室内楽演奏を披露して開設を祝いました。ピーターとおおかみの演奏では、綾坂出市長にナレーションを担当していただきましたが、初めてとは思えない語りに会場は大いに盛り上がりました。

続いて、医学部・村尾孝児教授による「全国No.1?香川県の糖尿病」と題したテーマで講演が行われ、時にユーモアを交えた講演は会場内が笑いに包まれるなど、和やかな雰囲気の中で行われました。

10月17日(水)からは、農学部教員による「身近な自然と環境」をテーマとした公開講座がシリーズで開かれる予定です。

このページの先頭へ