9月19日から21日の3日間、本学において、本学の海外教育研究拠点校であるタイ・チェンマイ大学と「第4回香川大学・チェンマイ大学合同シンポジウム2012 ~Healthy Aging and Sustainable Society~」(健康な高齢化社会と持続可能な社会)を開催しました。
チェンマイ大学からは35名の教職員・学生が出席し、本学教職員・学生や香川県関係者など合わせて約200名の参加がありました。
シンポジウムでは、人文社会、農学、経済・経営、医学・看護学、工学の分野別セッションに分かれ、両大学の教員・学生による口頭発表、ポスター発表でそれぞれの研究内容の紹介と意見交換を行いました。初日のレセプションには、浜田恵造香川県知事に出席いただき、ご挨拶をいただきました。また、シンポジウム2日目のエクスカーションにおいては、学術交流に加えて文化的な交流を図るため、香川県綾川町の陶病院、綾川町役場、イオンモール綾川を訪問し、大原昌樹陶病院長、藤井賢綾川町長、井谷光彦イオンモール綾川モールマネージャーよりご講演をいただきました。
さらに、シンポジウム最終日には香川県羽白淳政策部次長をお招きし、香川県における高齢化社会や持続可能な社会づくりに関する施策についてご講演いただだき、香川大学の地域における役割、チェンマイ大学の地域貢献等について議論を深めました。
シンポジウム閉会式では、今回のシンポジウムを機にさらに両大学の連携を強化し、共同研究の活性化や若手研究者育成、地域との協働を推進していくこととし、最後に2014年に第5回シンポジウムをチェンマイ大学で開催することとし閉会しました。

このページの先頭へ