4月2日(日)本学学生、教職員約40名と、地域の方約25名が参加して幸町キャンパス教育学部正門付近の歩道で清掃活動を行いました。
この合同清掃活動は、昨年地域の方からの提案で始まったもので今回で4回目となります。一井学長を始め過去最多の参加者となり、学生・教職員と地域の方が談笑しながら約1時間半植え込みの雑草や枯葉、ゴミを取り除くなどの清掃活動を行いました。世話役の学生も「参加者は予想以上で、今後も清掃活動を盛り上げていきたい」と今後の活動にも意欲的でした。
清掃終了後、大学内にて地域の方と学生の茶話会も開催され、学生は日頃あまり交流できない地域の方との交流を深めていました。

このページの先頭へ