香川大学の実践的キャリア教育の推進への取組「地域連携型キャリア支援センターの新機軸」が、文部科学省が実施する平成18年度「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」【現代GP】に選定されました。

このプログラムは、全国の国公私立大学・短大・高専から565件の申請があり、112件(内国立大学32件)が選定されました。
本学が採択されたプロジェクトの内容は、キャリア教育を「就職を最終目標とした完結型の教育ではなく、学生に過去から現在、未来に至る生涯を 通じた「生き方」を自覚させる契機」と定義し、こうした教育を行うための実施体制として、キャリア支援センターを設置し、本学が掲げる「地域社会に根ざした大学」という理念のもとに、地域連携型のキャリア教育の展開を目的としています。

※これからの時代を担う優れた人材の養成を推進することを目的とし、特に優れた教育プロジェクト (取組)を文部科学省が選定・支援するプロジェクトです。

このページの先頭へ