日時:平成30年3月5日(月) 13:30~17:00(12:30開場)
場所:香川大学幸町キャンパス 北6号館1階611講義室(高松市幸町1-1)
※当日参加可 ※ご来場は公共交通機関をご利用ください。

講演プログラム
13:35~14:15 IoT活用減災プロジェクト-“止まらない通信網”の特長と課題-
床桜 英二(徳島文理大学教授・香川大学客員教授)
14:15~14:55 PRACTICES FOR TSUNAMI DISASTER RISK PREPAREDNESS: EXPERIENCES IN OVERSEAS AND STRATEGIES FOR KAGAWA PREFECTURE ※通訳が付きます
CEREN ÖZER SÖZDİNLER(香川大学寄附研究部門教員・客員准教授)
14:55~15:35 高性能計算を用いた構造物・建物の地震応答解析手法の開発
本山 紘希(香川大学寄附研究部門教員)
15:35~16:15 企業の事業継続性を高める要因に関する考察
磯打 千雅子(香川大学特命准教授)
16:15~16:55 「四国強靭化を目指して」 -減災科学の推進-
金田 義行(香川大学地域強靭化研究センター長)


詳しくはこちら をご覧下さい。


【お申し込み・お問い合わせ先】
四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構 企画調整室高松市林町2217-20
TEL 087-864-2544 /FAX 087-864-2549
E-MAIL kikikanri@jim.ao.kagawa-u.ac.jp
(@を半角にしてご利用ください。)

このページの先頭へ