日時:平成30年2月19日(月)9:30~11:00
場所: 香川大学 工学部 3301講義室(高松市林町2217-20)
※参加無料

内容 ・防災・危機管理のプロとしての人材育成
・東日本大震災の教訓から学ぶ ・質疑応答
テーマ 防災への人材育成の取り組み−東日本大震災を教訓として−
 東日本大震災の被災地での経験を教訓にして学ぶ
講師 越野 修三氏(岩手大学地域防災研究センター 客員教授)

講師紹介:
防衛大学校理工学部(応用物理)卒業自衛隊在職中の1995年阪神淡路大震災の際に陸上自衛隊第13師団作戦部長として、神戸市で救援活動にあたる。退官後、岩手県庁入り。 岩手県総合防災室防災危機管理監を務めていた2011年3月11日、東日本大震災に遭遇し、岩手県災害対策本部支援室を指揮・統括する。 2013年より岩手大学地域防災研究センターの教授として、防災危機管理に係わる人材育成に取り組み、2018年3月に定年退職。同4月から防災危機管理アドバイザーとしても活動中。

詳細はこちらをご覧ください。

【ご予約・お問い合わせ先】

香川大学四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構
TEL:087-864-2150

このページの先頭へ