日時:10月29日(土)13:00~14:30
場所:工学部キャンパス3号館3301講義室(高松市林町2217-20)
対象:香川大学生(教職員、学外の希望者も参加可)
※当日参加可

講義名・テーマ オリンピックと情報活用ーバドミントン日本代表における映像分析支援ー
講義内容  2020年東京オリンピックの開催が決定し、各スポーツで金メダル獲得に向けた様々な準備が進み始めている。特に近年では、情報技術を用いて多様な情報を収集し、それをいかに活用するかは勝利に向けた重要な要素として注目されている。
 2012年ロンドンリンピックでの女子ダブルス銀メダル獲得を皮切りに、2014年トマス杯(男子国別対抗戦)優勝、2016年全英オープン女子シングルス・女子ダブルス優勝、そして8月に開催されたリオオリンピックでの女子ダブルス金メダル・女子シングルス銅メダル獲得など、国際舞台で躍進するバドミントン日本代表の映像分析を中心とした情報活用のデザインについて紹介する。
講師 平尾 加奈子(独立行政法人 日本スポーツ振興センター ハイパフォーマンスサポート事業 パフォーマンス分析担当(バドミントン))


【お問い合わせ先・担当窓口】
修学支援グループ(研究交流棟1階)
TEL 087-832-1151
E-MAIL sogaksen@jim.ao.kagawa-u.ac.jp
(@を半角にしてご利用ください。)

このページの先頭へ