日時:平成31年1月9日(水)10:30~12:00
場所: 香川大学法学部第3講義室(高松市幸町2番1号 幸町南6号館2階)
※参加無料
※駐車場は、ご用意致しかねますので、ご来学の際は、交通機関をご利用下さい。

内容 今回は、衆議院法制企画調整部長である笠井真一氏を講師としてお招きし、「法律・条例のつくり方-創立70周年を迎えた衆議院法制局における議員立法を振り返って」と題した講演を行います。法学部の学生諸君が普段学習している法律や条例の条文がどのように作られたのか、その立法過程について学ぶ機会はほとんどありません。この有意義かつ貴重な講演に、奮ってご参加ください。
本学の学生・院生・教員の他、学外からの参加も歓迎します。
テーマ  法律・条例の作り方-創立70周年を迎えた衆議院法制局における議員立法を振り返って-
講師 笠井 真一氏(衆議院法制局法制企画調整部長)

昭和63年東京大学法学部卒、同年衆議院法制局入局。第五部第一課長(厚生労働担当)、第一部第一課長(内閣・安保等担当)、法制企画調整部基本法制課長(憲法、選挙等担当)、法制企画調整部企画調整課長(議運・決算行政等担当)、法制企画調整部副部長、法制企画調整部企画調整監、第五部長(厚生労働担当)を経て、平成29年4月より現職。
平成22,23年度 東京大学公共政策大学院客員教授(立法学)、平成26~28年度 京都大学公共政策大学院・法科大学院非常勤講師(立法学)。愛知県出身、54歳。

主催:香川大学法学会
共催:香川大学法学部

【お問い合わせ先】
香川大学法学部青木丈研究室
TEL:087-832-1705
香川大学法学部法学部資料室
TEL:087-832-1744

このページの先頭へ