日時:平成30年10月17日(水)14:40~16:10
場所: 香川大学法学部第3講義室(高松市幸町2番1号 南6号館2階)
※参加無料
※駐車場は、ご用意致しかねますので、ご来場の際は、交通機関をご利用下さい。

内容 今回は、内閣官房行政改革推進本部事務局長である山下哲夫氏をお招き致し、「国家公務員は何のために働くのか-東日本大震災の被災者支援の現場から」についてご講演頂きます。本学の学生・院生・教員の他、学外からの参加も歓迎します。
テーマ 「国家公務員は何のために働くのか
-東日本大震災の被災者支援の現場から」
講師 山下 哲夫氏(内閣官房行政改革推進本部事務局長)

講師紹介:
85年(昭60年)東大法卒、総理府へ。通産省、大蔵省主計局主査への出向、小里総務庁長官秘書官、中央省庁等改革推進本部事務局企画官、内閣府行政刷新会議事務局参事官、2011年(平23年)3月東北地方太平洋沖地震緊急災害対策本部被災者生活支援特別対策本部事務局参事官、同年5月同本部被災者生活支援チーム事務局参事官(~14年(平26年)7月)、内閣官房内閣審議官、総務省行政管理局長などを経て、18年(平30年)7月から現職。
13年(平25年)5月~17年(平29年)3月まで筑波大学法科大学院非常勤講師。東京都出身、57歳。

主催:香川大学法学会
共催:香川大学法学部

【お問い合わせ先】
香川大学法学部青木丈研究室
TEL:087-832-1705

このページの先頭へ