◇入学者に求める学力・能力・資質等
 大学入学までに、以下のような学力・能力・資質等を備えている学生を求めています。

①知識・技能
*高等学校等における国語、外国語、数学、理科などを中心に、幅広い学習に裏付けされた本学部の専門領域を学ぶために必要な基礎学力・技能

②思考力・判断力・表現力
*本学部の専門領域の分野を多角的かつ包括的に捉え、それぞれの問題を解決するための論理的思考能力や判断力、根拠に基づいた科学的思考力や批判的思考力
*物事を多面的な視点から思考し、自分の考えを他者からもわかりやすく伝える表現力

③主体性・多様性・協働性
*主体的に多様な他者とかかわり、他者の意見や価値観を尊重し相互理解に努めようとする協働性やコミュニケーション能力

④関心・意欲・態度
*本学部の専門領域のいずれかの分野に興味関心を持って自ら積極的かつ継続的に課題に取り組む意欲と審美眼を持ち、身につけた知識・技術を分かりやすく表現し、共生環境創造、地域社会創造及び国際社会に役立てる意欲・態度
*技術者として国内外を問わず社会に発信し、生涯にわたり学び続ける態度

⑤倫理観・社会的責任
*本学部の専門領域における技術者として、また社会の構成員としての自覚と責任を持ち、自己が果たす役割や倫理観・社会的責任を理解できる能力

◇大学入学までに修得が期待される内容
 高等学校等において、国語、外国語、数学、理科などを中心に基礎学力を身につけておいてください。本学部の理念を理解し、技術専門職として、他者の意見や価値観を尊重し、他者を思いやることができるコミュニケーション能力も必要ですので、生徒会活動やクラブ活動・ボランティア活動等を通して、幅広い視野と主体性・協働性を養い、自分の考えを表現できるような力を身につけておいてください。

◇選抜方法の趣旨
○一般入試
*前期日程
 多様な能力・志向を持つ学生を確保するため、試験科目の組み合わせとして、高等学校等で理系科目を中心として履修した人を対象とするもの(Aタイプ)、必ずしもそれに当てはまらない場合でも本学部の教育に興味がある人を対象とするもの(Bタイプ)の2種類を用意しています。造形・メディアデザインコース及び防災・危機管理コースを希望する人については、Bタイプも選択できます。前期日程では、従来の文系理系の枠にとらわれない広い視点に基づく創造工学を目指す学生を求めるために大学入試センター試験では5教科7科目(Bタイプ志願者は、理科の選択科目によっては5教科6科目)を課しています。個別学力検査では、基礎的な理数系科目(数学、物理、化学)から1科目を課しており、Bタイプの造形・メディアデザインコース志願者は総合問題を、防災・危機管理コース志願者は地学も選択できます。

*後期日程
 知識・技能を重視することから、大学入試センター試験5教科の得点を評価します。さらに、「21世紀にあるべき工学」を学ぶために必要な資質、能力などを問うことを目的とした小論文を行い、思考力・判断力・表現力や国際的なコミュニケーション能力を評価します。後期日程では、科学技術に関するさまざまな問題に対する判断力や対応能力、将来国際社会で活躍するための基礎的能力などを総合的に問います。そこで、大学入試センター試験では、5教科7科目を課しています。また、個別学力検査では「21世紀にあるべき工学」を学ぶために必要な資質、能力などを問うことを目的とした小論文を課しています。

○特別選抜
*アドミッション・オフィス入試
 第1次選抜では、出願書類の内容を総合して関心・意欲・態度、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性を評価します。第2次選抜では、第1次選抜の合格者に対して、口頭試問、プレゼンテーション、小論文のいずれかと面接を課します。口頭試問は、基礎学力や将来性を評価します。プレゼンテーションは、各コースの課題に対する発想力、創造力、論理的思考力、表現力等を評価します。小論文は、論理的思考力・表現力等に加えて、物理・数学に関する素養を評価します。面接は、向上心、論理性、積極性等を評価します。これらを総合的に判断し、最終の合格者を決定します。

*大学入試センター試験を課する推薦入試(推薦Ⅱ)
 推薦Ⅱでは、創造工学を学ぶために必要な基礎学力を大学入試センター試験の数学、理科、外国語の3教科4科目により評価します。また、調査書の審査では、勉学状況に加えて生徒会活動やクラブ活動などへの取り組み、特技や取得資格などを重視し、創造的な探究心、主体性、社会性、積極性などの観点から総合的に評価します。

*私費外国人留学生入試
 日本国の教育機関で教育を受ける目的を持って入国した外国人を対象としています。数学と理科について試問を行う面接を課しており、日本での大学教育の理解能力を評価します。

このページの先頭へ