留学生のTAとしての雇用実績

(平成26年度実施数)

  教育学部 法学部 経済学部 医学部 工学部 農学部 大学教育
開発センター
合計(延べ人数)
TA総数 21 4 12 26 121 125 41 350
うち留学生 0 0 8 10 5 19 0 42


【TA(Teaching Assistant:ティーチング・アシスタント)】
優秀な大学院学生に対し、教育的配慮の下に、学部学生等に対するチュータリング(助言)や実験・実習・演習等の教育補助業務を行わせ、大学院学生への教育訓練の機会を提供するとともに、これに対する手当の支給により、大学院学生の処遇の改善の一助とすることを目的としたもの。

留学生のRAとしての雇用実績

(平成26年度実施人数)

  医学系研究科 工学研究科 農学研究科 合計(延べ人数)
RA総数 8 17 22 47
うち留学生 4 13 11 28






【RA(Research Assistant:リサーチ・アシスタント)】
大学等が行う研究プロジェクト等に、教育的配慮の下に、大学院学生等を研究補助者として参画させ、研究遂行能力の育成、研究体制の充実を図るとともに、これに対する手当の支給により、大学院学生の処遇の改善の一助とすることを目的としたもの。

チューターによるサポートを受けている外国人留学生数

(平成26年度実施人数)

学部
・研究科等

教育学部
・教育学研究科

法学部   

経済学部
・経済学研究科

医学部
・医学系研究科

工学部
・工学研究科

農学部
・農学研究科
・連合農学研究科

インターナショナルオフィス

合計(延べ人数)

前 期

25

0 7 0 22 23 1 78
後 期 24 0 10 0 10 32 5 81

合計(延べ人数)

49 0 17 0 32 55 6 159

※医学部・医学系研究科は同国出身の先輩や受入れ講座の研究者等のサポート体制あり。

【チューター制度とは】
在学する外国人留学生に対して、指導教員の推薦に基づき、大学が選定した「チューター」により、指導教員の指導のもとに教育・研究について個別の課外指導を行い、留学生の学習・研究効果の向上を図ることを目的としたもの。

【支援内容】
各留学生の学習・研究指導(予習・復習の手伝い)を中心に、日本語指導、日常の世話(学内外の案内、諸手続のための官庁等への同行、買い物、宿舎探しの補助)を行わせる。

【指導期間】
学部レベルの留学生は渡日後最初の2年間、大学院レベルの留学生は、渡日後最初の1年間を目安にしているが、在日日数の長い者、または再度の留学など、必ずしも原則どおりの実施期間を必要としない者もいる。また、修学レベルの違いからチューターによる指導が必要な場合も考えられるので、留学生個々の状況に応じてサポートが必要かどうか判断している。

このページの先頭へ