医学科

◇入学者に求める学力・能力・資質等
 大学入学までに、以下のような学力・能力・資質等を備えている学生を求めています。

①知識・技能
*医学の専門知識と技能を習得するための基盤となる、高等学校等における幅広い学習に裏付けされた知識・技能

②思考力・判断力・表現力
*情報の収集と評価、それに基づく自らの意見形成のための論理的思考力と判断力、及び形成した意見を他者へわかりやすく伝え、実行に移すための表現力

③主体性・多様性・協働性
*医学に関する問題を自ら抽出し、多面的な視点から考察し、他者と協力して問題解決に当たるために必要な主体性・多様性・協働性

④関心・意欲・態度
*進歩を続ける医学、医療の専門知識と技能に対する関心、生涯にわたりそれを学び続ける意欲、そのために必要な自己主導型学習態度

⑤倫理観・社会的責任
*尊い人命を預かる医療者として、また、医学と医療の継承と発展を担う医学者として求められる高い倫理観
*医師・医学研究者としてのみならず社会の一員としても法令や社会的規範を遵守して行動できる社会性


◇大学入学までに修得が期待される内容
 理科、数学、英語、国語を中心とした高等学校の基礎学力を十分に身につけていることが期待されます。理科系科目では、生命現象を科学的、論理的に理解し、医学を修めるために必要となる、物理、化学、生物を基礎とした幅広い知識を習得していることが期待されます。英語では、英文教科書や学術論文の読解や論述、国際的な活動を行う上でのコミュニケーションのための基礎的学力を身につけていることが期待されます。国語では、事実や情報をもとに自らの意見を論理的に構築し、表現したり、他者とのコミュニケーションを確立するために必要な基礎的学力を身につけていることが期待されます。


◇選抜方法の趣旨
○一般入試
*前期日程
 大学入試センター試験により、理科、数学、英語、国語、社会の5教科の基礎学力を十分に身につけていることを評価します。国語の基礎学力は、考えを論理的に展開したり文章にまとめたり、適切に表現するために必要となります。理科系科目では、物理、化学、生物を基礎とした幅広い知識を修得していることを個別学力検査で評価します。これらは、生命現象を科学的、論理的に理解し、医学を修めるために欠くことのできない自然科学の学力です。個別学力検査の数学では、論理的思考能力及び理科系科目の基盤となる計算能力を修得していることを評価します。個別学力検査の英語では、英語でのコミュニケーション及び英文教科書や学術論文の読解や論述に必要な英語の知識と技能を習得していることを評価します。これらの英語の学力は国際的に活躍するために必要とされる基礎学力です。面接では、医学を学ぶことに対する目的意識・人間性・論理性・学習意欲などを中心に、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性、関心・意欲・態度、倫理観・社会的責任を評価します。

*後期日程
 大学入試センター試験により、理科、数学、英語、国語、社会の5教科の基礎学力を十分に身につけていることを評価します。特に、理科、数学、英語の基礎学力を重視します。個別学力検査では、物理、化学、生物を基礎とした幅広い理科の知識を修得していること、英語でのコミュニケーション及び英文教科書や学術論文の読解や論述に必要な英語の知識と技能を習得していることを評価します。これらの英語の学力は国際的に活躍するために必要とされる基礎学力です。面接では、医学を学ぶことに対する目的意識・人間性・論理性・学習意欲などを中心に、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性、関心・意欲・態度、倫理観・社会的責任を評価します。

○特別選抜
*大学入試センター試験を課する推薦入試(推薦Ⅱ)
 大学入試センター試験により、理科、数学、英語の3教科の基礎学力を十分に身につけていることを評価します。個別学力検査では、物理、化学、生物を基礎とした幅広い理科の知識を修得していること、英語でのコミュニケーション及び英文教科書や学術論文の読解や論述に必要な英語の知識と技能を習得していることを評価します。これらの英語の学力は国際的に活躍するために必要とされる基礎学力です。面接では、志望理由書、推薦書、調査書をもとに質問し、医学を学ぶことに対する目的意識・人間性・論理性・学習意欲などを中心に、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性、関心・意欲・態度、倫理観・社会的責任を評価します。さらに調査書では主体性・多様性・協働性などを評価します。発言は説得的でわかりやすく、質問に対して的確かつ論理的な応答であることが求められます。

*私費外国人留学生入試
 数学では、論理的思考能力及び理科系科目の基盤となる計算能力を修得していることを評価します。理科系科目では、物理、化学、生物を基礎とした幅広い知識を修得していることを評価します。これらは、生命現象を科学的、論理的に理解し、医学を修めるために欠くことのできない自然科学の学力です。英語では、英語でのコミュニケーション及び英文教科書や学術論文の読解や論述に必要な英語の知識と技能を習得していることを評価します。面接では、医学を学ぶことに対する目的意識・人間性・論理性・学習意欲などを中心に、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性、関心・意欲・態度、倫理観・社会的責任を評価します。

○編入学
*2年次編入学試験
 自然科学総合問題の学力試験により、物理、化学、生物を基礎とした幅広い理科の知識を修得していることを評価します。TOEIC(Test of English for International Communication)の得点により、英語でのコミュニケーション及び英文教科書や学術論文の読解や論述に必要な英語の知識と技能を習得していることを評価します。これらの英語の学力は国際的に活躍するために必要とされる基礎学力です。面接では、自己推薦書及び研究課題・論文リストをもとに質問し、医学を学ぶことに対する目的意識・人間性・論理性・学習意欲などを中心に、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性、関心・意欲・態度、倫理性・社会性とともに自然科学に関する知識と技能を評価します。発言は説得的でわかりやすく、質問に対して的確かつ論理的な応答であることが求められます。

看護学科

◇入学者に求める学力・能力・資質等
 大学入学までに、以下のような学力・能力・資質等を備えている学生を求めています。

①知識・技能
*高等学校等における幅広い学習に裏付けされた知識・技能の総合力と学ぶ力

②思考力・判断力・表現力
*看護の対象を包括的に捉え、問題解決するための論理的思考力や判断力、根拠に基づいた科学的思考力や批判的思考力
*多面的な視点から思考し、自分の考えを他者にわかりやすく伝える表現力

③主体性・多様性・協働性
*主体的に多様な他者とかかわり、他者の意見や価値観を尊重し相互理解に努めようとする協働性やコミュニケーション能力

④関心・意欲・態度
*人々の健康を支援するために看護に高い志と強い関心を持ち、継続して意欲的に課題に取り組むことができる能力
*看護専門職として国内外を問わず社会に発信し、生涯にわたり学び続ける態度

⑤倫理観・社会的責任
*尊い人命を預かる看護専門職者として、また社会の構成員としての自覚と責任を持ち、自己が果たす役割や倫理観・社会的責任を理解できる能力


◇大学入学までに修得が期待される内容
 高等学校等において、英語や理科を中心に基礎学力を身につけておいてください。看護専門職として、他者の意見や価値観を尊重し、他者を思いやることができるコミュニケーション能力も必要なので、生徒会活動やクラブ活動・ボランティア活動等を通して、幅広い視野と主体性・協働性を養い、自分の考えを表現できるような力を身につけておいてください。


◇選抜方法の趣旨
○一般入試
*前期日程
 知識の総合力を重視することから、大学入試センター試験5教科の得点を評価します。特に、看護学を学ぶために必要な論理的思考力、基礎的学力を評価するために数学、理科を傾斜配点します。さらに、面接で関心・意欲、主体性・論理性・社会性、コミュニケーション能力などを評価します。

○特別選抜
*香川大学 ナーシング・プロフェッショナル育成入試(AO方式)
 第1次選抜では、出願書類の内容を総合して関心・意欲・態度、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協働性を評価します。第2次選抜では、第1次選抜の合格者に対して小論文試験及び面接を行います。小論文は英語と日本語で出題され、知識・読解力、論理的思考力・表現力、文章構成力を評価します。面接は倫理観・社会的責任、主体性・協働性、コミュニケーション能力を評価します。これらを総合的に判断し、最終の合格者を決定します。

○編入学
*3年次編入学試験
 急速な国際化の中で重要視される英語を課し、英語の基礎知識を評価します。さらに看護の専門的知識を問う内容の小論文を課し、看護専門基礎知識、思考力・判断力・表現力を評価します。面接は、看護・医療に従事する者として関心・意欲・態度、倫理性・社会性を評価します。

臨床心理学科

◇入学者に求める学力・能力・資質等
 本学科は、「医学の素養を有した心理援助職」の養成を目指して医学部に設置されます。医師・看護師等の医療職の受験資格の取得を目的とした学科ではありませんが、心理学と医学を融合させ、さらに、保健医療分野を中心としながら、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働の各分野での実習・演習科目を含めたカリキュラムを展開し、保健医療に留まらず幅広い分野で、心理学的理解と支援に役立つ教育を行います。
 卒業後に取得可能な資格は、認定心理士、児童指導員(任用資格)、心理判定員(任用資格)です。職種としては、少年鑑別所法務技官(心理技官)、家庭裁判所調査官、児童相談所児童心理司、児童養護施設の児童指導員などが想定されます。加えて、本学科卒業後に心理系の大学院修士課程に進学し、課程を修了すれば公認心理師(国家資格)・臨床心理士(日本臨床心理士資格認定協会)の受験資格が得られます。本学科のカリキュラムには公認心理師の受験資格を取得するために必要な科目等を含みます。
 これらを踏まえて、大学入学までに、以下のような学力・能力・資質等を備えている学生を求めています。

①知識・技能
*高等学校等における幅広い学習に裏付けされた知識・技能の総合力と学ぶ力

②思考力・判断力・表現力
*人間の心理を深く理解し支援するための論理的思考力や判断力、根拠に基づいた科学的思考力や批判的思考力
*多面的な視点から思考し、自分の考えを他者にわかりやすく伝える表現力

③主体性・多様性・協働性
*主体的に多様な他者とかかわり、他者の意見や価値観を尊重し相互理解に努めようとする協働性やコミュニケーション能力
*他者の気持ちを敏感に感じ取る感受性や共感的コミュニケーション能力

④関心・意欲・態度
*心理的援助に高い志と強い関心を持ち、継続して意欲的に課題に取り組むことができる能力
*人間尊重の態度や深く温かい眼差しを持ち、他者との関わりを通して、自己理解を深め、自らの潜在的な資質を成長させようとする意欲
*大学卒業後もさらに高度な心理的援助の実践力を身につけ、心理援助者として、地域に貢献し、社会に役に立ちたいという意欲

⑤倫理観・社会的責任
*人間の健康、適応、成長に関わる心理援助者として、また社会の構成員としての自覚と責任を持ち、自己が果たす役割や倫理観・社会的責任を理解できる能力


◇大学入学までに修得が期待される内容
 国語、英語、数学を中心とした高等学校の基礎学力を十分に身につけていることが期待されます。理科系科目では、生命や自然現象を科学的、論理的に理解するための幅広い知識の習得が、社会系科目では、人の生活の背景となる文化、歴史、社会に関して多様な視点から把握できる姿勢が期待されます。国語では、事実や情報をもとに自らの意見を論理的に構築し、表現したり、他者とのコミュニケーションを確立するための、英語では、英文教科書や学術論文の読解や論述、国際的な活動を行う上でのコミュニケーションのための、数学では、数的処理に基づいた論理的思考力や統計のための基礎的学力を身につけていることが期待されます。


◇選抜方法の趣旨
○一般入試
*前期日程
 臨床心理学を学ぶために必要な広範囲の基礎学力を大学入試センター試験により評価します。
 また、個別学力検査では、国語又は数学、英語、面接を課します。国語又は数学について、国語は考えを論理的に展開したり、文章にまとめたり、適切に表現できる能力を、数学は推理能力や論理的な能力を評価するため、文系と理系の学生を幅広く評価するため選択教科として実施します。英語は大学において、国際的なコミュニケーション能力を本格的に養うために必要となるために実施します。面接では、思考力・判断力・表現力、主体性・多様性・協調性、関心・意欲・態度、倫理性・社会性を評価します。

このページの先頭へ