国民年金の学生納付特例制度の申請が大学でも出来るようになりました!

国民年金は、日本に住む20歳から60歳までのすべての人が加入し、保険料を納めることが義務づけられています。所得が基準以下の学生が申請すれば国民年金の保険料を納めることが猶予される制度が学生納付特例制度です。

対象者は?
大学(大学院)等に在籍する学生等(留学生も含む)で、学生本人の前年の所得が基準額以下の者
【所得基準】:118万円+扶養親族等の数×38万円

申請手続きはこちら
1)住民登録をしている市町の国民年金の窓口 または 年金事務所。
2)幸町キャンパスにあっては学生生活支援グル-プ、医学部キャンパスにあっては医学部総務課学務室学生係、農学部キャンパスにあっては農学部学務係、林町キャンパスにあっては工学部学務係へ申請書を提出してください。
申請は毎年必要です。

申請できる期間
過去期間は、申請書が受理された月から2年1ヶ月前まで、将来期間は、年度末まで申請できます。ただし、1枚の申請書で申請できるのは、4月または20歳の誕生日の前日が含まれる月から同年度の3月までとなりますので、必要に応じて複数の申請書を提出してください。

申請に必要な書類
申請には、「国民年金保険料学生納付特例申請書」を提出してください。
提出の際には、次の書類を添付してください。
・学生証のコピー または 在学証明書(原本) 
・年金手帳のコピー(既に交付を受けている方のみ)
20歳になったばかりで国民年金加入手続きをまだ行っていない方(基礎年金番号がまだわからない方)は、「国民年金被保険者資格取得届書」を併せて提出してください。

pdfアイコン国民年金保険料学生納付特例申請書 様式.pdf(PDF 107KB)

pdfアイコン国民年金保険料学生納付特例申請書 記入例.pdf(PDF 283KB) 

 pdfアイコン国民年金被保険者資格取得届書(国民年金加入手続きをまだ行っていない方) 様式.pdf(PDF 78KB)

 pdfアイコン国民年金被保険者資格取得届書 記入例.pdf(PDF 108KB)

 

申請して承認されたら
1)学生納付特例期間中の障害や死亡といった不慮の事態には、満額の障害基礎年金または遺族基礎年金が満額支給されます。
2)学生納付特例期間は、老齢基礎年金の受給資格期間には算入されますが、年金額には反映されません。満額の老齢基礎年金を受けるために、10年以内にさかのぼって納めること(追納)をおすすめします。学生納付特例期間については10年以内であれば、保険料を追納することができます。卒業したら、忘れずに追納してください。

手続きをしないとどうなるの?
万一の事が起こった時に、年金が受け取れなくなります。
年金は、老後に受け取るだけではありません。万一、病気やけがで障害が残った時に、保険料を納めていなかったり、学生納付特例の手続きを行っていないと、障害年金が受け取れなくなる可能性があります。詳しくは、日本年金機構ホ-ムペ-ジを参照してください。


学生生活支援グル-プ
TEL 087-832-1164

このページの先頭へ