◇入学者に求める学力・能力・資質等
 大学院入学までに、以下のような学力・能力・資質等を備えている学生を求めています。

①知識・技能・理解力
*法学、政治学に関する大学卒業程度の基礎知識・理解力

②思考力・判断力・表現力
*自らの論理的思考・判断に基づき法学、政治学に関する諸課題を説明できる表現力

③研究能力・応用力
*法学、政治学に関連する課題についての研究を遂行するための基礎的技能・応用力

④探求心・意欲・態度
*学術的、実践的、社会的な関心から、法学、政治学における諸分野について学び、研究することに対する高い志・意欲・態度と創造的な探求心

⑤倫理観・社会的責任
*法学・政治学分野において求められる正義、人権、自由、平等などの基本理念についての基礎的な理解

⑥グローバルマインド
*法学・政治学における諸課題と関連する国内外の情報を理解するための基本的語学能力と、それをグローバルな観点から捉えることのできる国際感覚


◇選抜方法の趣旨
○一般選抜・社会人特別選抜
 筆記試験の「専門科目」は、志望演習に対応した科目を含む2科目から出題し、修学に必要な知識・理解力、論理的思考力・表現力を評価します。また、専門科目(ただし、志望演習に対応した科目ではない科目)に代えて、「外国語」(英語、ドイツ語、フランス語のいずれか)を受験することができますが、その場合は法学・政治学の研究を行う上で必要な言語運用能力を評価します。なお、社会人特別選抜では、志望演習に対応した科目ではない「専門科目」が免除され、代わりに「研究計画書」によって基礎的な研究能力ならびに研究に対する探求心や意欲を評価します。
 口述試験では、提出書類等も参考にしながら、修学に必要な知識・理解力や勉学・研究に対する探求心・意欲・態度、自分の考えを論理的に構築し伝える思考力・判断力・表現力を評価します。併せて、正義や人権といった法学・政治学分野における基本的な理念を理解し、研究を行う上で求められる倫理観や社会的責任を身につけているかも評価の対象とします。

このページの先頭へ