最新情報はこちらへ

研究科ホームページへ.jpg

教育理念

グローバル化の進展とともにめまぐるしく変化する社会情勢に鑑みて、いかなる職業においても、幅広い教養とともに特定の学問分野における深い学識が求められている。このため、法学研究科では、法学及び政治学を中心とする社会科学において実践的な専門知識を備えた高度専門職業人の育成を目指している。

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)について

法学研究科は、教育理念に沿って定められた以下の要件を満たし、30単位以上を修得すると共に、必要な研究指導を受けた上で修士論文の審査及び最終試験に合格した者に修士の学位を授与する。

1 専門知識・理解
法学及び政治学の各領域において、高度の専門知識を備え、さまざまな社会事象を的確に理解し、分析することができる。
2 研究能力・応用力
明晰な論理的思考力をもって法学及び政治学における高度な研究を行ない、その成果を実践的に応用することができる。
3 倫理観・社会的責任
高い倫理観と責任感をもって社会の発展に寄与することができる。
4 グローバルマインド
地域の課題をふまえ、グローバルな視野と思考を備えて、法学及び政治学における高度な研究活動を行なうことができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)について

法学研究科は、上記のディプロマ・ポリシーに定められた資質を養うために、基礎法、公法、私法にわたる法学系分野から、国際関係論及び行政学を含む政治学系分野にいたるまで、幅広い学問分野を提供する。授業科目は、税理士、司法書士、社会保険労務士などの業務とも密接に関連する「隣接法律職系列」と、公務員その他行政関連の業務を念頭においた「行政法務系列」に分類される。講義、演習を問わず、全ての授業科目において少人数の密度の濃い授業によって学問の多様性に対する深い洞察力を培う。

法学研究科アドミッションポリシー

法学研究科アドミッションポリシーはこちら

このページの先頭へ