学長

私の高校・大学生のころを思い出すと、悲喜こもごもですが特に苦しかった事がいまだ脳裏を離れません。受験生・大学生時代の深夜の寂寥とした孤独感や将来に対する不安感など今でも鮮明に浮かんできます。いつも後輩に言っている事なのですが、面白おかしく生きている時より、世界中の苦労を一人で背負っているように感じる時ほど、後になって成長したと実感できるものなのです。祖母が良く言いました“若い頃の苦労は、買ってでもせ―”と。香川大学はその様な諸君を応援します。

学長室

このページの先頭へ