奨学金

奨学金の制度について

奨学金には、大きく分けて、「Ⅰ.日本学生支援機構の奨学金」と、「Ⅱ.地方公共団体・民間育英事業団体等の奨学金」があります。また、その中には、貸与型(返還しなければならないもの)と、給付型(返還の必要がないもの)があります。

Ⅰ.日本学生支援機構の奨学金

【奨学金(貸与型)の種類】

(1)第一種奨学金(無利子)
人物・学業ともに特に優れ、かつ健康であって、経済的理由により著しく修学困難があると認定された者に対して貸与されます。

(2)第二種奨学金(有利子)
人物・学業ともに優れ、かつ健康であって、経済的理由により修学に困難があると認定された者に対して貸与されます。なお、第二種奨学金は、年3%を上限とする利子が付きます。(在学中又は返還猶予が認められている期間は、無利子です。)

第二種奨学金の利率について(日本学生支援機構のホームページにリンクします。)

【貸与期間】

奨学金の貸与期間は、大学の定める正規の最短修業年限の終期までで、留年等により修業年限が延長された場合の期間延長は、原則としてありません。
また、在学期間中でも、学業成績不振等により、廃止(奨学生の資格を失う)・停止(一定期間、奨学金の振込が停まる)等の措置がとられることがあります。

【採用の種類及び募集時期】

大学学部・大学院等の学種区分によって、内容が異なります。

(1)日本学生支援機構から推薦依頼があるもの(定期採用)

①予約採用-進学前に申請し、入学後に「進学届」を提出することで本採用となります。
本学の大学院に進学する場合の募集時期は10月です。
②在学採用-募集時期は4月です。
※秋頃に臨時採用が実施される年もあります。

(2)事情によって本学から随時推薦するもの(定期外採用)

主たる家計支持者の失職、破産、事故、病気もしくは死亡等、または、震災、風水害、火災その他の災害等により、家計が急変し、緊急に奨学金が必要になった者が対象です。
事由が発生した場合は、随時申し出てください。

・緊急採用(第一種)-貸与期間は、原則として採用年度末まで。
・応急採用(第二種)-貸与期間は、大学の定める正規の最短修業年限の終期まで

災害等による緊急・応急採用の募集についてはこちら

【保証制度の選択】

奨学金の申込時に、人的保証制度と機関保証制度のどちらかを選択します。
申請するときは、どちらにするかよく検討してください。

人的保証 機関保証
連帯保証人・保証人を選任します。
事前に、必ず両者の承諾を得てください。
採用後に提出してもらう返還誓約書に、自署・押印をしてもらいます。
一定の保証料を支払うことで、連帯保証人・保証人をたてず、保証機関の保証を受けることができます。
保証料の支払いは、毎月の貸与額から差し引く方法で、保証機関に振り込まれます。

<貸与月額>(平成29年度現在)

区  分  第一種 第二種
学部(専攻科を含む) 共通             30,000円

3万円・5万円・8万円・10万円・12万円のうち希望する月額を選択

自宅通学   45,000円
自宅外通学 51,000円
修士・博士前期課程
(専門職大学院を含む)
50,000円 5万円・8万円・10万円・13万円・15万円のうち希望する月額を選択
88,000円
博士後期課程・博士医学課程 80,000円
122,000円

<リンク(参考)>

独立行政法人日本学生支援機構のホームページはこちら

Ⅱ.地方公共団体・民間育英事業団体等の奨学金

地方公共団体・民間育英事業団体及び民間会社などによる奨学金制度です。本学に推薦依頼があり採用実績のあるものもありますが、推薦依頼のないものもありますので、詳細は各育英事業団体に照会するようにしてください。
現在募集中の奨学金はこちらです。
また、日本学生支援機構のホームページに、全国の自治体や財団法人等の奨学金情報が掲載されていますので、そちらも参考にしてください。

日本学生支援機構ホームページへ

上記に関するお問い合わせ先

教育・学生支援室 学生生活支援グループ
〒760-8521 香川県高松市幸町1番1号
TEL:087-832-1166
FAX:087-832-1170

このページの先頭へ