法学部・法学研究科

最新情報はこちらへ

学部ホームページへ

学部紹介

学部の特徴

法学部・学部の特徴香川大学法学部は、高等裁判所、高等検察庁をはじめとする重要な司法・行政の官公庁や有力企業が近隣に所在する立地上の特色を活かし、四国地方における法学教育の中心的役割を担い、全国的および国際的にも高い評価を受ける研究を行うことを目標としています。
現代の市民は、民主主義・私的自治の担い手としてだけでなく、政策形成過程における重要なアクターとしても期待され、それに見合った能力と主体性を求められています。歴史や現代社会への関心、国際的視野、論理的思考力、他者との相互協力をはかるためのコミュニケーション能力といった市民としての素養はもちろんのこと、正義・人権・自由・平等といった基本理念、政治制度や法制度への理解、制度の実態や政策過程に関する理解を育むことが不可欠です。
法学部の教育の中心領域である法律学と政策科学は、法にもとづき紛争を公平かつ適切に解決し、あるいは紛争の発生を未然に防止して正義を実現することなどに貢献する学問です。本学部のカリキュラムは、このような能力と資質を向上できるように設計され編成されています。
このように、科学的に社会を理解し紛争解決と政策立案について豊かな見識と法的技術をもつ人材を育成することをめざして、人間形成のプロセスを支援・推進し、学問に触れる喜びを伝え、自ら「考える力」(=問題発見・解決能力)を育むことに努めてきました。多くの卒業生が、法学的素養をもち経済や政策領域にも明るい職業人として社会に貢献する力や、生涯にわたり自主的に学び続けて、激動する時代に対処する力を身につけて巣立っています。
法学部は、このような学問の特性に照らして「現代社会への関心」「論理的思考力」「コミュニケーション能力」「社会の構成員としての自覚」という四つの資質と学習意欲に富む学生を求めています。また、夜間主コースや昼夜の3年次編入制度を設けるとともに、キャリアアップ・生涯学習に対応することに主眼をおいた社会人特別選抜を採用しており、多様な入学希望者のニーズに応えています。

このページの先頭へ