個人情報保護法について

平成17年4月1日から、「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」が施行されました。 
個人情報の不適正な取扱いによる個人の権利利益の侵害を未然に防止するため、個人情報の取扱いに当たって守るべきルールを定めた法律です。
国立大学法人香川大学はこの法律を遵守し、国立大学法人香川大学の保有する個人情報の保護に努めます。
また,個人番号及び特定個人情報の適正な取扱いの確保について組織として取り組むため、「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(行政機関等・地方公共団体等編)」に基づき、特定個人情報等の安全管理に関する基本方針を策定し、特定個人情報等の保護に努めます。

香川大学の個人情報保護に関する基本方針

○個人情報とは
生存する個人に関する情報で、氏名、住所、生年月日、学歴、職業などにより特定の個人が識別できるもの、又は他の情報と照合することにより特定の個人を識別できるもの。


国立大学法人香川大学(以下「本学」という。)は、在学生の個人情報だけでなく、その保護者や卒業生、そして病院の患者の皆様などの多くの個人情報を扱っています。これら個人情報について、本学では以下の方針に基づき、個人情報を適正に、かつ安全に取り扱うことに努めます。

1、 法令等の遵守
本学は、業務に従事するすべての者に対し、個人情報保護の重要性を認識させることに努め、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守します。また「国立大学法人香川大学の保有する個人情報の保護に関する規則」及び「国立大学法人香川大学の保有する個人情報の管理に関する規程」を必要に応じて見直し、改善します。

2、 個人情報の適切な収集と利用
本学は、個人情報を収集する場合は、その収集・利用目的を明らかにするとともに、その利用を目的に応じた範囲に限定し、所定の規則に従い、適切に取り扱います。

3、 個人情報保護のための安全対策
本学は、個人情報に関する様々なリスク(不正なアクセス、紛失、漏洩、破壊、改ざん、盗難など)に対して適正な安全対策を講じ、個人情報の安全性・正確性の確保に努めます。

4、 保有する個人情報の開示等について
本学は、保有する個人情報に対して、本人から開示、訂正削除の要求、利用・提供の停止を請求された場合は、「国立大学法人香川大学個人情報の開示等に関する規程」及び「国立大学法人香川大学個人情報の開示・訂正・利用停止等決定に係る審査基準」に則って誠実に対応します。

香川大学の特定個人情報等の安全管理に関する基本方針

1、特定個人情報等の保護に関する考え方
香川大学では、「行政手続における特定の個人を識別する番号の利用等に関する法律」(平成25 年法律第27 号。以下「番号法」という。)に定められた事務において特定個人情報等を取り扱う。番号法においては、「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」(平成15 年法律第59 号。以下「独立行政法人個人情報保護法」という。)に定められる措置の特例として、特定個人情報等の利用範囲を限定する等、より厳格な保護措置を定めていることから、管理体制及び管理規程、取扱規程等を整備し、職員等に遵守させる等の措置を講じ、適正に特定個人情報等を取り扱う。
2、特定個人情報等の保護方針
個人番号及び特定個人情報(以下「特定個人情報等」という。)を取り扱う全ての事務において、次のとおり特定個人情報等を適正に取り扱う。
(法令遵守)
① 特定個人情報等の適正な取扱いに関し、番号法、個人情報法等関連法令、特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(独立行政法人等・地方公共団体等編)(平成26 年 特定個人情報保護委員会告示第6 号)、独立行政法人等の保有する個人情報の適切な管理のための措置に関する指針について(平成16 年9月14 日付け総管情第85 号総務省行政管理局長通知)及び国立大学法人香川大学の保有する個人情報の保護に関する規則及び本学の個人情報関係規程等を遵守する。
(安全管理措置)
② 特定個人情報等の漏えい、滅失及び毀損の防止その他の適切な管理のために必要な安全管理措置を講ずる。
(適正な収集・保管・利用・廃棄、目的外利用の禁止)
③ 特定個人情報等は、番号法に定められた事務のうち、あらかじめ本人に通知した利用目的の達成に必要な範囲内で適正に利用、収集・保管及び提供するとともに、不要となった特定個人情報等は速やかに廃棄する。また、目的外利用を防止するための措置を講ずる。
(委託・再委託)
④ 特定個人情報等を取り扱う事務の全部又は一部を委託する場合、委託先(再委託先を含む。)において、番号法に基づき香川大学自らが果たすべき安全管理措置と同等の措置が講じられるよう必要かつ適切な監督を行う。
(継続的改善)
⑤ 特定個人情報等の保護に関する取扱規程等及び安全管理措置を継続的に見直し、その改善に努める。

香川大学が保有する個人情報の開示請求等について

○開示請求について
誰でも、香川大学に対して、香川大学が保有している自分の個人情報について、開示を請求することができます。この場合、具体的な個人情報を特定して請求していただく必要があります。また、請求時には、運転免許証など定められた本人確認のための書類が必要となります。開示請求書が提出されますと、原則として30日以内に開示をするかどうかを決定し、通知書でその結果をお知らせします。

○訂正請求について
誰でも、開示を受けた個人情報について、内容が事実でないと思うときは、香川大学に対して訂正を請求することができます。訂正請求書が提出されますと、原則として30日以内に訂正をするかどうか決定し、通知書でその結果をお知らせします。訂正請求に理由があると認めるときは、利用目的の達成に必要な範囲内で訂正を行います。ただし、訂正請求は、個人情報の開示を受けた日から90日以内にしなければいけません。

○利用停止等請求について
誰でも、開示を受けた個人情報について、不適法な取得、利用又は提供が行われていると思うときは、香川大学に対して利用の停止等を請求することができます。利用停止請求書が提出されますと、原則として30日以内に利用停止等をするかどうか決定し、通知書でその結果をお知らせします。利用停止請求に理由があると認めるときは、適正な取扱いを確保するために必要な限度で利用の停止等を行います。ただし、利用停止請求は、個人情報の開示を受けた日から90日以内にしなければいけません。

○不開示などの決定に不服がある場合
不開示などの決定を行った香川大学に対して、不服がある場合は異議申立てを行うことができます。異議申立てを受けた香川大学は、情報公開・個人情報保護審査会に諮問します。同審査会では、第三者的な立場から、異議申立てについて調査審議します。

個人情報の開示請求等の窓口について

香川大学では、広報室が香川大学が保有する個人情報に関しての開示・訂正及び利用停止等請求の窓口となっています。香川大学は、法人文書ファイル管理簿や個人情報ファイル簿、その他関連資料等を用いて、開示請求者の個人情報の特定に資する情報の提供を行っています。
個人情報の開示等に関してご質問等ございましたら、広報室までお問い合わせください。担当部署への連絡、対応を行います。

香川大学広報室(窓口)
〒760-8521 高松市幸町1-1
TEL:087-832-1027  FAX:087-832-1115
E-mail:soumkot@jim.ao.kagawa-u.ac.jp (@を半角に直してご利用下さい)

【特定個人情報に関する問合せ先】
国立大学法人香川大学経営管理室総務グループ
〒760-8521 高松市幸町1-1
TEL:087-832-1022  FAX:087-832-1053
E-mail:soumht@jim.ao.kagawa-u.ac.jp (@を半角に直してご利用下さい)

国立大学法人香川大学における個人情報(特定個人情報含む。)の保護に関する学内規程

独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法令等

国立大学法人香川大学個人情報ファイル簿

このページの先頭へ