日時:10月10日(火)18:00~19:30
場所:OLIVESQUARE 2F 多目的ホール(高松市幸町1-1
対象:香川大学生(教職員、学外の希望者も参加可)
※当日参加可

講義名・テーマ 東日本大震災の教訓ー災害時に強いリーダーと組織のあり方ー
講義内容  今後30年以内に70%程度の高い確率で南海トラフ地震の発生が危惧され、四国では大きな被害が想定されている。当時、海上自衛隊横須賀地方総監(海将)として、東日本大震災時の総指揮官をした経験から、災害時に強いリーダーと組織のあり方について講義する。
 また、強いリーダーと組織のあり方を通して、組織を率い、形ある仕事を成し遂げるために必要なことについて、新たな切り口から講義する。

※講義内容の理解を促進するため、可能であれば、『武人の本懐』(講談社)または『指揮官の条件』(講談社現代新書)を一読しておくこと。

講師 高嶋 博視(博海堂株式会社代表取締役 香川大学客員教授)


【お問い合わせ先・担当窓口】
修学支援グループ(研究交流棟1階)
TEL 087-832-1151
E-MAIL sogaksen@jim.ao.kagawa-u.ac.jp
(@を半角にしてご利用ください。)

このページの先頭へ