日時:7月6日(木)18:00~19:30
場所:幸町北キャンパスOLIVE SQUARE 2F 多目的ホール(高松市幸町1-1
対象:香川大学生(教職員、学外の希望者も参加可)
※当日参加可

講義名・テーマ 神原甚造コレクションの歴史的位置ー収集家の活躍と文化財流出の時代ー
講義内容 明治~昭和初期にかけて、日本の文化財は市中に大量に流出していた。こうした文化財は海外へ流出したものも少なくはないが、おもに国内の旧財閥関係に繋がる財界人や政治家、あるいは思想家など知識人層等によって収集されていった。香川大学初代学長神原甚造によるコレクション(神原文庫)には、まさにこうした流れで収集されたものが多い。セミナーでは、この時代の様々な資料を紹介しながら、同コレクションの特質や歴史的位置について明らかにしていく。
その他 貴重資料の紹介があるため、筆記用具は、鉛筆を使用すること。
講師 守田 逸人(香川大学教育学部 准教授)


【お問い合わせ先・担当窓口】
修学支援グループ(研究交流棟1階)
TEL 087-832-1151
E-MAIL sogaksen@jim.ao.kagawa-u.ac.jp
(@を半角にしてご利用ください。)

このページの先頭へ