日時:3月1日(水)13:00~
場所:e-とぴあ・かがわBBスクエア(高松市サンポート2-1高松シンボルタワータワー棟5階)
※参加費無料 ※当日参加可

研究報告 地域資源の活用と瀬戸内国際芸術祭
金 徳謙(香川大学経済学部教授)
植生浮体を用いた水質改善と魚類残渣の有効利用による環境改善
末永慶寛(香川大学工学部教授)
浅海域の低次生物生産過程と栄養塩循環
多田邦尚(香川大学瀬戸内圏研究センター センター長)
香川県で開発された周産期管理システム、モバイルCTGのグローバル展開への道
原 量宏(香川大学瀬戸内圏研究センター特任教授)
提案内容 離島のあり方から見た瀬戸内圏研究センターへの期待
一井眞比古
(香川大学名誉教授、社会福祉法人恩賜財団済生会 香川県済生会支部長)
お申し込み方法 「申込書」に所属、氏名、電話番号、メールアドレスを記入の上、Faxまたはメールでお申し込みください。
※当日参加も可能です。

主催:香川大学瀬戸内圏研究センター
参加申込書等詳細はpdfアイコンこちら(PDF:658KB)をご覧ください。
【お問い合わせ先】
香川大学 学術・地域連携推進室 研究協力グループ
TEL:087-832-1316 FAX:087-832-1319
E-MAIL tikyosenm@jim.ao.kagawa-u.ac.jp
(@を半角にしてご利用ください。)

このページの先頭へ