3月23日(金)、香川大学において平成18年度卒業式及び修了式を執り行いました。
学部の卒業式は、午前10時から講堂において行われ、来賓のご臨席のもと約1,300名の卒業生が出席し、学長からそれぞれ学部の総代へ学位記が授与されました。
卒業生の内訳は、教育学部206名、法学部210名、経済学部384名、医学部158名、工学部158名、農学部167名の計1,387名です。
引き続いて、大学院及び専攻科修了式が午前11時から大学会館において行われ、来賓として、この度、第一期生を送り出す香川大学・愛媛大学連合法務研究科の構成大学である愛媛大学より連合法務研究科の横山副研究科長のご臨席のもと約300名の修了生が出席し、学長からそれぞれの研究科・専攻科の総代へ学位記・修了証書が授与されました。
修了生の内訳は、教育学研究科44名、法学研究科7名、経済学研究科13名、医学系研究科31名、工学研究科107名、農学研究科47名、地域マネジメント研究科29名、香川大学・愛媛大学連合法務研究科20名、特殊教育特別専攻科10名の計308名です。
なお、式次第は以下のとおりです。

 
 平成18年度卒業式
一、開式の辞
一、学位記授与
一、学長告辞
一、学歌斉唱
一、閉式の辞
 
 平成18年度大学院及び専攻科修了式
一、開式の辞
一、学位記及び修了証書授与
一、学長告辞
一、閉式の辞
 
(経営管理室総務グループ)

このページの先頭へ