地域教育部

地域教育部は、地域に根ざした、開かれたカリキュラムの実現に向けて、全学共通科目の中に地域理解・地域志向科目を整備する役割を担っています。フィールドワークやPBL等の教育方法を用いた授業の拡充を図り、学生の課題解決力の向上を目指します。

地域教育部の役割

地域教育部は主に、以下のような、フィールドワーク型授業等の地域志向科目に関わる役割を担います。

  • 地域志向科目を設計する
  • 地域志向科目の評価方法を考える
  • 地域志向科目の実施を支援する

地域教育部の活動

地域教育部は、平成27年4月に大学教育基盤センターに新設された新しい部門です。これまでは、特に、主題C-基礎科目(平成29年度より全学必修科目)の新規開設に向けて、ICT教育部との緊密な連携をもとにe-Learning科目「地域と香川大学」の制作を行いました。今後は、本学のミッションでもあるフィールドワーク型授業やPBL型授業の拡充に向けて、大学教育基盤センター内の各部、地域連携戦略室、各部局との連携を図っていきます。

地域教育部の組織

地域教育部のスタッフは以下の表のとおりです。

地域教育部長 岡田 徹太郎(経済学部)
センター主担当教員 葛城 浩一
西本 佳代
地域連携・生涯学習センター選出教員 神田 亮
長尾 敦史
その他センター長が必要と認めた者 宮﨑 英一(ICT教育部長)
三宅 岳史(教育学部)
西成 典久(経済学部)
林  敏浩(情報メディアセンター)
藤本 憲市(創造工学部)
三木 誠(地域連携・生涯学習センター)
小坂 有資(大学教育基盤センター)