ICT教育部

ICT教育部は、ICTを利活用した教育に関わる内容を扱う、いわば全学共通教育の技術的な屋台骨を支えている部です。ICTを利活用した教育に関して早急に解決しないといけない案件が学内には多くあります。このような案件にも迅速に判断・対応できるような組織体制を取っています。何でも屋としてICT活用の教育をサポートしますのでよろしくお願いします。

ICT教育部の役割

ICT教育部は主に、以下のような、遠隔教育及びeラーニングによる教育に関することについて役割を担います。

  • ICT活用教育の質を向上する
  • 授業のデジタルコンテンツ化の支援をする
  • ICT活用教育の開発と支援をする

ICT教育部の活動内容

ICT教育部は、ICT活用教育に関して必要なことは全て守備範囲に入ります。また、ICT活用教育は全学共通科目だけでなく専門科目も含まれますので、その意味でも守備範囲が広くなります。ある意味、何でも来いという部になります。学内のICT活用教育のプロジェクトや事業を先導している教職員の方々に部会委員に就任いただき、学内のICT活用教育をwell-handingする部になることを目指しています。

ICT教育部の組織

ICT教育部は、ICT教育部長、大学教育基盤センターの主担当教員と、総合情報センター選出教員から構成されています。

ICT教育部のスタッフは以下の表のとおりです。

ICT教育部長 林 敏浩
センター主担当教員 長井 克己
佐藤 慶太
西本 佳代
総合情報センター選出教員 後藤田 中
その他センター長が必要と認めた者 寺尾 徹(教育学部)
西屋 克己(医学部)
井面 仁志(創造工学部)
藤本 憲市(創造工学部)
末廣 紀史(情報グループ)
小坂 有資(大学教育基盤センター)