研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 教授 舟橋 正浩

専門分野
有機機能物性化学,有機エレクトロニクス,液晶化学,高分子化学,有機合成化学
主担当コース
先端マテリアル科学コース
担当科目
有機化学II,固体物理学,分子機能工学特論

自己紹介・研究紹介

 従来の電子材料はシリコンに代表されるような固体材料が研究されてきました。舟橋研究室では、有機化学と物性物理学を基盤として、液晶や高分子のような柔らかい材料に注目し、光、電子、イオンを操る新しい有機機能性材料を開発します。曲げたり伸ばしたりできる半導体、イオンと電子を流す混合伝導体、円偏光を発生させる液晶材料をこれまで開発してきました。
 将来的には‘感じる’ソフトマテリアルを実現していきたいと思います。このような材料を実現するためには、光、電子、イオンを操る部位をナノメータースケールで集積する必要があります。液晶や高分子の分子間に働く力を制御し、ミクロ相分離を利用することによりナノメータースケールの超構造を構築しています。これらの成果は国内外で高く評価されています。

Message
-受験生の皆さんへ-

 舟橋研究室では、世界最先端の研究を通して、専門家(研究者・技術者)を養成するための教育・研究がおこなわれています。専門家は、その人が所属している所属している組織によって評価されるのではありません。その人が持っている能力が評価されるのです。厳しいですがやりがいのある世界です。
 地球環境を守りつつ、豊かな文明社会を築き、人類の持続的な発展を可能にするためには、科学技術が不可欠です。また、地域社会の健全の発展のためには、科学技術による新産業の振興が大きな意味を持っています。世界を舞台にして仕事をするか、中央に出て自分の可能性を試すか、地域に基盤を置いて豊かな人生をめざすか、若い皆さんには、色々な可能性があります。いずれの道を選ぶにしても、本学部で得た知識や経験は強力な武器になるでしょう。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~m-funa/Funahashi_2010_Top.html
E-mailアドレス m-funa[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。