研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 教授 掛川 寿夫

専門分野
生命材料科学
主担当コース
先端マテリアル科学コース
担当科目
生物環境材料,生物工学入門,有機化学Ⅰ,工学倫理

自己紹介・研究紹介

 地球46億年の歴史における生命現象と地球環境を考える研究室です。約126億年前に宇宙が誕生し、約46億年前に地球が生まれました。その後、約27億年前に生成した酸素分子及び活性酸素は、地球環境を大きく変化させました。酸素分子や活性酸素による生体分子(特に、脂質やタンパク質)の酸化及び金属鉄などの金属類の酸化(いわゆる、サビること)は、人や人の生活にとって多大な悪影響を及ぼしています。そして、生体分子の酸化や金属腐食を抑制する革新的技術の開発は、近年の緊急課題となっています。 
 地球と生命の起源とも言える化学進化をたどり、そこから発想した化粧品、医薬部外品、防錆塗料や防錆コンクリート等に有効利用できる機能性物質の開発とその実用化は、重要な研究です。環境と生命現象を1つのフィールドととらえ、多くの分野での様々な研究課題に取り組める魅力的な研究を実施しています。

Message
-受験生の皆さんへ-

 香川大学創造工学部で幅広い分野で多くの知識を学び、それらを正しく活用することにより、近い将来、社会貢献していくことができると思います。
 また、大学は、知識を学ぶ場所ということだけではなく、クラブやサークル等を通して、様々な人と一緒に活動することにより、将来、豊かで幸せな生活を送るための方法を身につける場所でもあります。
 良く学び、よく遊ぶことが重要だと思います。大きな志を持って頑張って下さい。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ -
E-mailアドレス kakegawa[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。