研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 教授 松本 洋明

専門分野
チタン合金,金属組織学,金属強度学,加工プロセス学
主担当コース
先端マテリアル科学コース
担当科目
材料強度学Ⅲ,構造材料プロセス,材料組織制御学

自己紹介・研究紹介

 当研究グループでは、これまでにチタン合金を中心として非鉄金属材料の加工プロセスと組織制御を駆使した素材の高機能化に関する研究を行って参りました。特に工業用金属素材では、高強度化-高延性化を極限に追求することを目的とし、圧延、線引き加工また鍛造加工などの各種塑性加工プロセスを駆使して、結晶粒微細化、結晶配向制御また析出相の分散制御技術などの材料組織制御技術に関する研究を実施しています。
 とりわけ最近では航空機用チタン合金の高度化を目指し、組織制御および加工プロセス制御を軸としてシミュレーション(有限要素解析)と併せた研究開発を行っております。

Message
-受験生の皆さんへ-

 大学では、高校では習わない多くの専門科目を受講することとなり、各コースの専門性をしっかりと養い、社会で活躍するための基盤づくりの場となります。これらの専門科目は高校時代また大学の前期で修学する基礎科目が基盤となっており、これらの修学を疎かにすると、専門科目の理解が不充分となりますので、しっかり高校時代を含めて、基礎の学習を行って下さい。
 先端マテリアル科学コースでは多くの種類の材料群の基礎・応用を学ぶ事となります。ぜひ、先端マテリアルコースにご興味頂き、物質科学の深さをともに勉強しましょう。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~matsu_h/
E-mailアドレス matsu_h[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。