研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 教授 石井 知彦

専門分野
電子論錯体化学
主担当コース
先端マテリアル科学コース
担当科目
無機化学II,量子力学II,量子化学,計算機材料設計学

自己紹介・研究紹介

 私たちは、金属錯体や希少糖の研究を通して、有機・無機複合電子系の物性の研究を行っています。金属錯体は生物の体内で様々な機能を発現させる重要な物質です。生体内の金属錯体の構造や機能発現のメカニズムを詳しく調べ、構造や電子状態を真似することにより、人間の生活に役立つ新たな機能性材料を設計することが出来ます。
 化学を車に例えると実験と理論計算がその両輪にあたります。私たちは「電子論錯体研究室」としての立場からDV-Xα法と呼ばれる分子軌道計算を行い、物質の電子分布を三次元空間的にとらえることを行っています。実際の実験としては私たちの研究室が所有するIP型単結晶X線構造解析装置を用い、物質の電子密度分布の測定と絶対構造の決定を行っています。
 自然界における物質のあらゆる原理・原則・現象を解明し、その結果を論文として残すことはもちろん、自分たちの仕事が必ずや将来、理科の教科書に載ると信じて研究を行っています。

Message
-受験生の皆さんへ-

 電子の本当の姿を直接観察し、高精度で計算することが出来ます。電子を自由自在に操ることで、化学反応性、化学安定性、化学結合性を自由自在に調整することができます。
 そのようなケミカルコーディネーターを目指しませんか?私たちと一緒に本気でノーベル賞を目指しませんか?
 詳しくは研究室のホームページを是非ご覧下さい。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~tishii/Lab/
E-mailアドレス tishii[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。