研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 准教授 上村 忍

専門分野
界面化学,高分子化学
主担当コース
先端マテリアル科学コース
担当科目
物理化学,環境分析化学

自己紹介・研究紹介

 ニーズに合わせ様々な分子材料が開発されています新しい材料が使える“役に立つモノ”となるにはいろいろな人の視点に立つだけでなく【分子の気持ち】になってその分子の能力が生かせる条件を見出す必要がありますその分子を生かすには異なるモノとモノが接する”界面でのモノ(分子)の挙動物性が重要と考えています
 この考えに基づき、分子の“気持ち”を知るために、分子の界面での挙動を観察し、分子をつなげ、二次元のシート構造を作り、その機能を測定することを行っています。現在、主に取り扱っている分子は、光触媒能があるものの、構造制御が困難な高分子である、窒化炭素です。

Message
-受験生の皆さんへ-

 新しいものは基礎を本当に理解し異なること・ものをつなげ作り出されますまた物事を達成する能力は熱意根性であり成績ではありません成績のいいひとが必ず新しいものを作り出すわけではありません
 勉強はつまらない、それは当然です。技術を磨けば達成感が感じられるゲームのようなものではないですし、考えなければいけないものです。考えることはハードルの一つかもしれません。特に、考えて理解したことの見える化が難しく、わかりやすい成績に注目してしまいます。
 しかし、くだらないことでも考える癖をつけることが、いろいろなことを深く知るきっかけとなります。一つのことを深く追求し、その知識・経験をまったく異なる分野とつなげ、新しいものを作りませんか。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ -
E-mailアドレス shinoue[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。