研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 准教授 吉村 英徳

専門分野
塑性加工,塑性加工シミュレーション
主担当コース
機械システムコース
担当科目
材料力学Ⅰ,塑性加工,構造解析

自己紹介・研究紹介

 主な研究分野は、材料を削る除去加工ではなく、粘土のように変形して部品を作る塑性加工という技術分野です。加工方法を高度化したり、除去加工と融合したりして、より高機能で、より安価な加工方法を提案しています。自動車の軽量化のために、スポンジ状の金属材料やその内部構造の検討など新構造材料の開発を行ったり、無痛低侵襲の微小経皮投薬針の開発を行っています。
 また、加工中に発生する材料の割れや結晶粒の粗大化、表面荒れなどの要因の調査や予測式の開発など、塑性力学やコンピューター・シミュレーションである塑性加工分野の有限要素シミュレーションの理論を発展させる基礎検討も行っています。

Message
-受験生の皆さんへ-

 自動車等に代表される『ものづくり』、特に加工技術は日本の産業を支える大事な根幹です。材料と加工技術がなければ部品を作ることはできません。
 香川大学には、シリコンなどの半導体を微細加工する除去加工や、積層加工の分野の設備が揃っています。その分野で植物・生体情報センサーなどの農工・医工連携の研究を行っている教員や、金属材料系の研究を行っている他コースの教員などと連携を組んだりして、自動車などの軽量化を実現する材料や部材、高機能微細部品などの開発を進め、より良い『ものづくり』を目指しています。物の開発と者の育成を行っている香川大学で、一緒に『モノづくり』をしてみませんか?

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~yosimura/
E-mailアドレス yosimura[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。