研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 教授 平田 英之

専門分野
材料力学,シミュレー ション,信頼性工学
主担当コース
機械システムコース
担当科目
機械材料,弾性力学 材料力学,線形代数学 など

自己紹介・研究紹介

私は、香川大学に工学部が開設された平成10年4月に企業(東芝)から赴任してきました。企業の研究者から大学教員になって20年が経ちます。企業では、重電機械特にタービンの強度評価,寿命評価などの研究に携わり、特にセラミックガスタービン開発のためのセラミック部品の信頼性評価技術の開発に取り組みその研究成果により博士の学位を取得しました。大学に赴任してきてからは、これらの経験を活かし地域の企業とも協力し様々な機械の強度評価やシミュレーションをテーマとした研究を行ってきました。強度評価に関連しては、クレーンブームの強度評価,ゴルフクラブの衝撃強度評価など、シミュレーションとしてはサーマルプリンターヘッドの発熱解析,枚葉印刷装置の紙のバタツキを抑える流体解析などです。現在は、研究室照会に記載したようなテーマに学生らとともに取り組んでいます。目の前の問題に取り組みながらそこに新しい何かを見つけていくのが生きがいです。

Message
-受験生の皆さんへ-

大学では特に理工系の学部では非常にたくさんの多岐にわたる分野の教育と研究が行われています。皆さんはそれらの中から自由に分野を選んで教育を受けられ研究を実践することができます。大学を受験するにあたってどれを選んだらいいのか迷っている人もたくさんいると思います。卒業後に目指したい職業・職種について明確なビジョンを持っている人はそれに就くための基盤技術を身に付けられる分野を選べばいいでしょう。しかしそのようなビジョンがまだ見つけられない人はどうしたら良いでしょうか。一つお勧めなのは、高校の時どの科目が得意だったか面白かったかを見直し、その科目の応用に当たる分野を選ぶことです。そのような分野を選べばより深くより楽しくその分野の勉学を修めることができるからです。願わくばそのような分野が本学部にあり、皆さんとお会いできることができれば幸いです。

 

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ -
E-mailアドレス hhirata[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。