研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 助教 李 鯤

専門分野
生体電磁工学,アンテナ・伝搬
主担当コース
情報通信コース
担当科目

自己紹介・研究紹介

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)電磁波研究所を経て、2020年に香川大学創造工学部助教に就任しました。専門は生体電磁工学、アンテナ・伝搬です。
 次世代の無線IoT社会では、ビッグデータ分析技術などにより様々な社会サービスを提供するため、超高速・高信頼性・大容量の無線通信の実現が必要になっています。携帯電話等の普及と共に、6GHz以下の周波数帯は過密状態にあるため、広帯域である準ミリ・ミリ波帯の電波利用が重要な課題となっています。一方、ミリ波人体ばく露量評価と無線機器の放射規格に対する適合性評価などの課題があります。本研究室では、生体EMC・アンテナ工学など次世代の電波利用を支える基盤技術を検討し、「超高速無線通信」と「安全な電波利用」が両立することを目指しています。


Message
-受験生の皆さんへ-

私たちは今、スマートフォンや様々な無線機器から出る電波に囲まれ、電波のない生活は考えられない時代になりました。目で見えなく、体にも感じられない電磁波は、数学や電磁気学などの基礎科目の習得によって理解できます。大学生にとって基礎理論の勉強は大事ですが、物理現象から専門知識、そして、最先端技術の応用に至るまでの道筋を整理することも、創造工学部生として大切です。これまでの研究で得られた知見と日本人にはない視点を,学生の皆さんと共有しながら、電磁波応用技術の分野で活躍できるグローバルな人材を育成したいと考えています。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ -
E-mailアドレス kunli[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。