研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 教授 神野 正彦

専門分野
光通信ネットワーク,光ファイバ伝送システム,光スイッチングシステム
主担当コース
情報通信コース
担当科目
電気電子計測,光伝送システム工学,光デバイス工学

自己紹介・研究紹介

 日本電信電話株式会社(NTT)研究所、米国標準技術研究所(NIST)等を経て、2012年に香川大学工学部教授に就任しました。専門は光ファイバ通信工学、光ネットワーク工学、光デバイス工学です。
 今後、ますます増加するデータトラフィックを経済的かつ低消費電力で転送するために、将来の光ネットワークはどうあるべきか、その基本的な仕組みをデザインし、必要な技術を創出することが、私の研究のゴールです。具体的な研究テーマは、IPネットワークやワイヤレスネットワークと連携し、次世代光ファイバの能力を最大限に引き出す新しいネットワークアーキテクチャから、そのネットワーク設計法、光ノードシステム、光伝送システム、光スイッチ、光デバイスまで、多岐にわたります。
 企業で培ったビジネス感覚や海外との交流経験を活かし、世の中に具体的に役立つ研究成果を創り出すことモットーに、学生とともに日々、研究に取り組んでいます。   

Message
-受験生の皆さんへ-

 私達が普段当たり前のように使うスマホが、電波による無線通信で通信事業者のアンテナやWiFiアクセスポイントにつながっていることは、高校生の皆さんならよく知っていることと思います。それでは、その先はどうなっているのでしょうか?実はその先は、無線ではなく、光ファイバと呼ばれるガラス繊維でできた通信路により世界中のコンピュータとつながっているのです。無線信号は光信号に変換され、世界中に張り巡らされた光ファイバを何千キロメートルにもわたって伝搬していきます。世界規模のコンピュータ通信システムを支える、将来の光通信技術を一緒に研究しませんか?

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~jinno/
E-mailアドレス jinno[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。