研究・産官学連携

香川大学 創造工学部 教授 丹治 裕一

専門分野
電子情報工学
主担当コース
情報通信コース
担当科目
電子回路Ⅰ,電気回路Ⅱ,電力工学

自己紹介・研究紹介

科学計算技術の応用
 近年、人工知能の重要性が盛んに言われていますが、これを実際の問題に適用するには、様々な科学計算技術が必要です。特に、大規模な計算を効率よく実行する必要があります。そこで、スーパーコンピュータやクラウドで実行可能な並列演算、GPUと呼ばれる高速なハードウェア上での様々なアルゴリズムの実行、GPUと通常のCPUとの連携などの検討を行なっています。
 応用例として、医用画像処理、電気自動車の効率化に重要であるパワーエレクトロニクス、電子機器の設計に必要な回路・電磁界の混合解析などを行なっています。また、教員になった頃に行なっていたニューラルネットワークの学習も再び行なっています。ニューラルネットワークは人工知能の核と言えるものであり、近年、多くの分野で研究が行われています。

Message
-受験生の皆さんへ-

 情報通信コースでは、人工知能を含む解析技術と光・無線通信技術を学ぶことを目的にしています。また、地域において必要とされる電力・通信関連のシステム運用を行う技術者の育成も合わせて行なっています。
 私は、その基礎となる電気回路、電子回路、電力工学の講義を担当しています。これらの講義の理解を深めることで、電力・通信関連の企業に就職することが容易となります。
 研究室の卒業生には、四国及び中国地方の電力・通信関係の企業において活躍している人も多くいます。地域の発展に尽力したいと考えている人は、情報通信コースで学ぶことを考えてみて下さい。そして、研究室で一緒に研究できることを楽しみにしています。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ -
E-mailアドレス tanji.yuichi[★]kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。