研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 助教 釜床 美也子

専門分野
建築構法
主担当コース
建築・都市環境コース
担当科目
建築設計基礎,建築設計Ⅰ,建築設計Ⅱ

自己紹介・研究紹介

 地域の風土に根ざした「建物のつくり方(=構法)」をテーマに、調査研究を行っています。研究対象は地域の伝統民家や集落で、様々な場所でフィールドワークを行っています。建物に要求される性能に対し、各時代の地域の資源、技術、生業、文化、社会制度、等が背景となって、多様な建築的回答が生まれており、実地に遺構を調査することでその関係性を紐解いています。
 こうした伝統技術は、地域の資源を用いた持続的建築のお手本、現代社会の抱える諸問題の解決に向け示唆に富んだ存在だということを知らされ、研究を通してそれを多くの人と共有したいと考えています。最近では、建築の伝統技術の応用や継承の問題にも取り組んでいます。

Message
-受験生の皆さんへ-

 建築に携わる人は、建築単体ではなく、周辺環境との関わりから建築を捉える思考が今後ますます求められると思います。また、過去の技術の延長線上に現在の建築を捉え、未来を創造する、という深い思慮も必要だと思います。当校は四国という多様性に富むフィールドを有し、知識だけでなく、建築のそうした面白さ・役割を「体感」を通して学ぶことのできる非常に魅力的な学び舎だと思っています。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ http://www.kamatokolabo.com
E-mailアドレス kamatoko[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。