研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 講師 玉置 哲也

専門分野
都市・環境計画,持続可能性,経済影響分析
主担当コース
建築・都市環境コース
担当科目
住環境デザイン演習

自己紹介・研究紹介

地球に住む生物にとって、地球温暖化は深刻な問題です。地球温暖化は災害リスクや健康リスクを増加させるだけでなく、自然環境や生態系システムにも多大な影響をもたらします。経済活動を高めることで経済成長は見込めますが、地球温暖化を助長し、その分自然環境や生態系システムに負荷がかかりますし、様々な形のリスクとして我々の生活に悪影響をもたらす可能性があります。国連で採択されたSDGsでは、持続可能な開発の概念を、従来の「将来世代の欲求を満たしつつ、現代世代の欲求を満足させる開発」だけでなく「現在及び将来の世代の人類の繁栄が依存している地球の生命維持システムを保護しつつ、現在の世代の欲求を満足させるような開発」と拡張すべきと提案しています。つまり、地球の生命維持システムである自然環境や生態系システムを保証したうえで、我々は最適な経済活動を行うことが求められるのです。
では、それを実現するためにはどのような経済活動を行い、どのような対策を講じるべきでしょうか。玉置研究室ではこのような課題に向き合い、持続可能な社会の実現を目指しています。

Message
-受験生の皆さんへ-

大学に入学すると、いろいろな意味で自由になります。選択授業も増えますし、自由な時間も増えるでしょう。もちろん旅行に行ったり、バイトをしたりキャンパスライフを楽しむことも重要ですが、大学4年間の間に新しい技術や知識も身につけてほしいと思います。いろいろな誘惑が多いなかで勉強や研究を継続するコツは、自分の興味のあること・将来なりたいものややりたいことにつながる勉強や研究をすることです。今の受験勉強もきっと将来の夢や目標につながるものでしょう。希望の学部・学科・コースを目指して頑張ってください。

 

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ  https://tamakilab.jimdofree.com/profile-1/
E-mailアドレス tamaki[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。