研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 講師 荒木 裕行

専門分野
地盤・耐震工学
主担当コース
建築・都市環境コース
担当科目
土質力学Ⅰ,線形代数,構造・土質力学演習Ⅰ

自己紹介・研究紹介

土には、地盤として私たちの生活を足元で支えてくれている役割と、盛土等の土構造物における構成材料としての役割があります。社会基盤を支える重要な建設材料のひとつである土ですが、粒径や産出地域によっても物理・力学的性質は千差万別な自然材料であるため、画一的に扱うことはできません。また、地震や降雨などの外力が加わった際の土の挙動を見誤ると、時として災害や事故にもつながります。このような土の性質や土構造物の性能の評価、土の適切な利用方法、安全性を高めるための対策手法等について実験的検討を行っています。

Message
-受験生の皆さんへ-

皆さんは粒々の土粒子が集まった地盤の上で暮らしていることを意識したことはあるでしょうか?土粒子同士はコンクリートのように固結していませんが、家やビルの荷重を支えたり、あるいは盛土や堤防などの構造物を構築したりすることも可能です。土の性質を適切に見極め、どのように利用するのが合理的なのか、実験をメインツールとして研究しています。当研究室では実験を通じて本質を見抜く力を養うことで、土に関する諸課題のみならず社会基盤整備や地域防災に関する幅広い課題を解決する能力を身につけてもらいたいと思います。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ  
E-mailアドレス  araki[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。