研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 准教授 宮本 慎宏

専門分野
木質構造,耐震工学,文化財保存
主担当コース
建築・都市環境コース
担当科目
景観デザイン論,振動学,地震工学

自己紹介・研究紹介

●地域の文化遺産を守る
 国宝や重要文化財をはじめとする文化財や、地域独特の建物やそれらが造り出す町並みなどは、国の文化遺産として保存活用し後世へ継承していくべきものです。近年では観光資源として文化遺産を活用し地域を活性化しようとする動きもあります。文化遺産を地震などの自然災害から守ることは重要な課題です。
 本研究室ではこのような歴史的建造物の保存修復に関する研究を構造的な観点から行っており、主に日本の木造や海外の組積造の歴史的建造物の耐震性能評価や耐震補強法の開発に関する研究に取り組んでいます。

Message
-受験生の皆さんへ-

 建築と言えば、スカイツリーや高層ビルなど、新しい建物を造るというイメージが強いと思います。しかし一方で、日本を含めて世界各地には、木や土、石といったその土地で取れる自然材料を使い、昔から伝わる工法で建てられた歴史的建造物がたくさん残っています。
 大切な地域の遺産である歴史的建造物を後世に残すためには、建物の耐震化も進めていく必要があり、現在では工学的なアプローチが欠かせません。歴史的建造物は現在の技術から見ると効率的でなくても、建物の造り方や材料自体に価値があります。
 そのため、科学的にこれらの良い点や悪い点を検証し、修理や補強の方法を探る研究も重要です。香川大学創造工学部に入学し、一緒に地域の歴史的建造物を守っていきましょう。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~miyamoto/
E-mailアドレス miyamoto[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。