研究・産学官連携

ホーム > 研究・産学官連携 > 研究室紹介 > 建築・都市環境コース > 石塚(正)研究室[河川工学、水環境、地球環境(黄砂)]

石塚(正)研究室

キーワード
河川工学、水環境、地球環境(黄砂)

 水は生活、工業、農業など様々な用途に利用されていますが、地球環境の変化により、水資源の分布や変動が大きくなるといわれています。水資源と水質を安定的に維持して、安心して暮らせる「低水ストレス社会」を実現させることが急務です。日本だけでなく、世界でも大雨による洪水や少雨による干ばつが増加しており、異常気象の影響による環境変化に適応することも必要です。
 石塚(正)研究室では、水に関して、「降水現象と河川流出」、「水ストレス」、「瀬戸内海と河川の栄養塩」、「水災害」に関する研究を行っています。また、乾燥化によって引き起こされる環境問題の一つであるモンゴルなどから飛来する「黄砂」や福島第一原発事故後の森林・土壌からの「放射性物質の再飛散」に注目して、大気環境の研究を行っています。

ishizuka.jpg
▶土器川における現地調査

ishizuka2.jpg
▶モンゴルのゴビ砂漠における黄砂観測