研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 准教授 喜田 弘司

専門分野
サイバーセキュリティ,人工知能
主担当コース
情報システム・セキュリティコース
担当科目

自己紹介・研究紹介

 NECの中央研究所を経て2018年から香川大学の教員を務めています。専門はサイバーセキュリティ、特に、データ分析技術をコアに、社会問題となっている情報漏えいを解決する「情報を守る」研究や、コンピュータシステムそのもの安定稼働を実現する「システムを守る」研究を行ってきました。これら研究は、アカデミックな研究成果にとどまらず、実際の製品やサービスとなり現実の社会で活用されています。企業での経験も活かし、学術と実用の両面から検討を加え、社会の様々な重要課題の解決にチャレンジする姿勢で研究しています。

Message
-受験生の皆さんへ-

 想像してください。一斉に、携帯電話がつながらない、電子マネーが使えない、クルマが動かない、電気がこない状況を。こういった事態は起こりえます。コンピュータは、想像以上に社会システムの裏方として浸透しており、現代社会の便利さは、この裏方の安定稼働が大前提となっています。特に、サイバー攻撃から守ることは今後、最重要課題です。攻撃する側も「人」、守る側も「人」です。創造工学部では、人の視点を含めたソリューション(提供するアイデア、システム、技術、それらの組み合わせ)の検討が重要視されます。いっしょに社会の様々な重要課題の解決にチャレンジしましょう。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ
E-mailアドレス kida[★]eng.kagawa-u.ac.jp
※[★]を@に置き換えてください。