研究・産学官連携

香川大学 創造工学部 教授 林 敏浩

専門分野
教育工学,四国学
主担当コース
造形・メディアデザインコース
担当科目
計算機入門,教育メディア,地域社会とコンテンツ,教育工学

自己紹介・研究紹介

 私の専門分野は教育工学です。それなりの説明は以下の「受験生のみなさんへ」を読んでいただきたいのですが、教育現場で利活用する教育システムの開発やICTの利活用を主たる研究対象としています。様々な教育の問題やニーズに対応するために、教育システムを設計、開発、そして、実践をします。また、様々なICT機器を組みあわせて面白い教育ができないかと考えたりしています。
 なお、最近は、自分の研究分野として「四国学」を挙げています。四国学とは歴史、文化、地理、自然、社会など様々な観点で四国を考える学問分野です。それぞれの観点で四国は興味深い姿を我々に見せてくれます。そこで得られた知見をみなさんと共有して「四国大好き」人間になれたらと思っています。そんなちょっと変わった両輪で、ただいま絶賛研究中です。

Message
-受験生の皆さんへ-

 教育工学は計算機(コンピュータ)を教育に利活用する方法を明らかにする研究・実践分野です。特に、e-Learningは教育工学の成果の中でも皆さんの身近な場所にあるもののひとつです。香川大学の全学共通科目のは多くのe-Learning科目があり、1科目は必修科目なので、みなさんは1度以上e-Learning科目を履修します。
 そうすると、近視眼的にはe-Learning=教育工学と考えるかもしれませんが、計算機を教育に活用する方法は種々様々です。そこには理想的な教育を夢見る力と利活用方法をいくつも考えられる発想力が必要です。極端な話として、iPadのようなスレート端末(平べったい機器)をフリスビーにして運動訓練システムだと言い張っても構いません。そんな非常識で柔らかな発想ができる学生さんとの出会いを楽しみにしています。

research map こちらをご覧ください。
個人ホームページ http://www.eng.kagawa-u.ac.jp/~hayashi/
E-mailアドレス hayashi[★]eng.kagawa-u.ac.jp
[★]@に置き換えてください。