研究・産学官連携

ホーム > 研究・産学官連携 > 研究室紹介 > 機械システムコース > 石丸研究室[分光イメージング、非侵襲血糖値センサー ]

石丸研究室

キーワード
分光イメージング、非侵襲血糖値センサー

 分光イメージングは、日常生活において様々な成分を手軽に計測する技術に適用展開されることが期待されています。例えば、体内の血糖値を針を突き刺すこと無く光を照射するだけで計測する非侵襲血糖値センサーです。
 また、ドローンに 搭載して広大な農地の栄養分布を上空から計測して、必要な場所だけに農薬や肥料を散布する技術としても開発が進められています。
 更に、非破壊計測が必須となる国宝や重要文化財に使われている染料などの成分同定技術の研究も開始しています。

ishimaru.png
▶五感を超えた知能化情報による超スマート社会